【口コミで決定】おすすめのFX教材ランキング


【1位】【JCB・AMEX分割用】秒速スキャルFX

【2位】ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝

【3位】サイン通りで10年無敗!Easy Scal FX -イージー・スキャルFX-

【4位】ネクストバイナリーアカデミー

【5位】Platinum Kubera FX


sponserdlink

FXをスタートする前に…

現実には、

本番のトレード環境とデモトレードの環境を比較した場合、

本番のトレード環境の方が「トレード毎に1ピップスくらい利益が少なくなる」と理解していた方が間違いありません。

 

FX 口座開設

 

FXの最大のアピールポイントはレバレッジだと考えますが、

きっちりと得心した状態でレバレッジを掛けるようにしませんと、

はっきり申し上げてリスクを大きくするだけになるでしょう。

 

レバレッジというのは、

納めた証拠金を拠り所にして、

最大でその額面の25倍の売買が可能であるというシステムを意味します。

 

例えて言いますと、

50万円の証拠金で20倍のレバレッジをかけますと、

1000万円という「売り買い」が可能になってしまうのです。

 

MT4をパソコンにセットして、

オンラインでずっと稼働させておけば、

眠っている間も全て自動でFX取り引きを完結してくれるのです。

 

FXに関することをネットサーフィンしていくと、

MT4(メタトレーダー4)というワードに出くわします。

 

MT4というのは、

無料にて使用できるFXソフトのことで、

高水準のチャート自動売買機能が付随している取引ツールなのです。

 

FX初心者にとっては無理であろうと思…

FX初心者にとっては、

無理であろうと思われるテクニカル分析ですが、

チャートの肝となるパターンさえ頭に入れてしまえば、

値動きの推測が断然容易になること請け合いです。

 

スプレッドと言われる“手数料”は、

一般の金融商品と比較しましても超割安です。

 

はっきり言って、

株式投資の場合は100万円以上の「売り・買い」をすると、

1000円前後は売買手数料を支払う羽目になります。

 

スキャルピングの行ない方は千差万別ですが、

共通部分としてファンダメンタルズ関連は顧みないで、

テクニカル指標だけを使って行っています。

 






sponserdlink


 

為替の動きを予測する時に不可欠なのが、

テクニカル分析とファンダメンタル分析ですが、

より大事だと考えられるのは「チャートの変遷を分析して、

直近の為替の方向性を推測する」テクニカル分析だと言えます。

 

テクニカル分析においては、

原則ローソク足を時系列に並べたチャートを利用することになります。

 

初めて見る人からしたら抵抗があるかもしれませんが、

ちゃんと理解することができるようになると、

本当に使えます。

 

テクニカル分析のやり方としては大別す…

テクニカル分析のやり方としては、

大別すると2通りあるのです。

 

チャートに表記された内容を「人が分析する」というものと、

分析専用プログラムが半強制的に分析する」というものになります。

 

日本と比べると、

海外の銀行金利の方が高いということがあって、

スワップ金利が与えられるのです。

 

海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、

FXを行なう時に手にできるスワップ金利です。

 

MT4が優秀だという理由のひとつが、

チャート画面上からストレートに注文することが可能だということです。

 

チャートの動きをチェックしている最中に、

そのチャートを右クリックしたら、

注文画面が開くことになっているのです。

 

トレードの考え方として、

「値が決まった方向に振れる最小単位の時間内に、

幾らかでも利益を堅実に稼ごう」というのがスキャルピングというトレード法なのです。

 

FXをスタートする前に、

差し当たりFX口座開設をしようと思うのだけど、

「どのようにしたら開設が可能なのか?」、

「どのようなFX業者を選定したら良いのか?」などと迷ってしまう人は少なくありません。

 



sponserdlink

投資をはじめる前に読む本


投資助言登録をしている会社が発行する、

FX取引や投資をする前に真っ先に読んでいただきたい本です。

トレードやる前の必読書! まずはこれを読みましょう。


sponserdlink