【口コミで決定】おすすめのFX教材ランキング


【1位】【JCB・AMEX分割用】秒速スキャルFX

【2位】ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝

【3位】サイン通りで10年無敗!Easy Scal FX -イージー・スキャルFX-

【4位】ネクストバイナリーアカデミー

【5位】Platinum Kubera FX


sponserdlink

スイングトレードを行なうつもりならば…

ポジションに関しては、

「買いポジション」と「売りポジション」の2種類があるのですが、

このポジションと申しますのは、

「買い」または「売り」をしたまま、

決済することなくその状態を続けている注文のことを言います。

 

FX会社 利益

 

デイトレードの特徴と言いますと、

次の日まで保有することなく手堅く全てのポジションを決済しますから、

損益が毎日明確になるということだと考えています。

 

仮に1円の値動きだとしても、

レバレッジが1倍の場合は1万円の損益ということになりますが、

10倍でしたら10万円の損益になります。

 

要するに「レバレッジが高くなるにつれリスクも高くなってしまう」と考えられるわけです。

 

いくつかシステムトレードをチェックしてみると、

実績のあるプレーヤーが作った、

「しっかりと収益をあげている売買ロジック」を勘案して自動売買可能になっているものが少なくないように思います。

 

FXにおいて、

海外通貨を日本円で買うと、

それなりのスワップポイントを獲得できますが、

金利の通貨で低い通貨を買うという時は、

当然ながらスワップポイントを支払う必要があります。

 

FXにおけるポジションと申しますのは…

FXにおけるポジションと申しますのは、

最低限の証拠金を入金して、

カナダドル/円などの通貨ペアを売買することを意味しています。

 

なお外貨預金には「ポジション」というコンセプトは存在しません。

 

MT4は現在一番多くの方にインストールされているFX自動売買ツールだという現状もあって、

自動売買プログラムの種類が多種多様にあるのも特徴だと考えます。

 

スプレッドと申しますのは、

トレードを行なう際の「買値と売値の差」のことになります。

 






sponserdlink


 

このスプレッドこそがFX会社に支払うことになる手数料であり、

FX会社それぞれで設定している金額が異なっているのです。

 

FXに関することを検索していきますと、

MT4(メタトレーダー4)という文言に出くわすはずです。

 

MT4と申しますのは、

利用料なしで使用可能なFXソフトの名前で、

高水準のチャート自動売買機能が付随しているトレードツールのことなのです。

 

スイングトレードのアピールポイントは…

スイングトレードのアピールポイントは、

「常時パソコンの売買画面の前に居座ったままで、

為替レートを注視しなくて良い」というところであり、

超多忙な人にマッチするトレード手法だと言えると思います。

 

システムトレードの場合も、

新たに売り買いする場合に、

証拠金余力が最低証拠金の額に達していない場合は、

新たに「買い」を入れることはできないルールです。

 

証拠金を基にして外貨を購入し、

そのまま保有し続けていることを「ポジションを持つ」と言っています。

 

それに対し、

維持し続けている通貨を売って手放すことを「ポジションの解消」と言っています。

 

スイングトレードを行なうつもりならば、

短期だとしても数日~数週間、

長期のケースでは数ケ月にもなるといった投資方法になりますから、

デイリーのニュースなどをベースに、

将来の経済情勢を推測し投資することができます。

 

「毎日毎日チャートをウォッチするなどということは困難だ」、

「為替にも関係する経済指標などを適切適宜見れない」とおっしゃる方でも、

スイングトレードであればそういった心配をする必要がないのです。

 

スワップポイントは、

金利の差額」であると考えていただければと思いますが、

現に付与されるスワップポイントは、

FX会社に支払う手数料を相殺した額ということになります。

 



sponserdlink

投資をはじめる前に読む本


投資助言登録をしている会社が発行する、

FX取引や投資をする前に真っ先に読んでいただきたい本です。

トレードやる前の必読書! まずはこれを読みましょう。


sponserdlink