【口コミで決定】おすすめのFX教材ランキング


【1位】【JCB・AMEX分割用】秒速スキャルFX

【2位】ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝

【3位】サイン通りで10年無敗!Easy Scal FX -イージー・スキャルFX-

【4位】ネクストバイナリーアカデミー

【5位】Platinum Kubera FX


sponserdlink

スワップポイントに関しては…

テクニカル分析をする時は、

通常ローソク足を時間単位で並べたチャートを使うことになります。

 

FX 利益

 

見た感じ難しそうですが、

完璧に読めるようになりますと、

これ程心強いものはありません。

 

FX取引については、

「てこ」同様に手出しできる額の証拠金で、

その25倍までの取り引きができるようになっており、

証拠金と事実上の取り引き金額の割合を「レバレッジ」と言っています。

 

スプレッドと呼ばれているのは、

トレードをする際の「買値と売値の差額」のことを指します。

 

このスプレッドこそがFX会社利益であり、

それぞれのFX会社により定めている金額が違うのが普通です。

 

日本と比較して、

海外の銀行金利の方が高いという理由で、

スワップ金利が貰えることになっているのです。

 

海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、

FXを行なうと貰えるスワップ金利なのです。

 

最近ではどこのFX会社も売買手数料が…

最近では、

どこのFX会社も売買手数料が無しということになっていますが、

それに代わる形でスプレッドがあり、

それが実質のFX会社の収益だと言えます。

 

システムトレードだとしても、

新規にトレードするという場合に、

証拠金余力が必要な証拠金額以上ない時は、

新たに発注することはできないルールです。

 

スキャルピングと申しますのは、

1回あたり1円にも達しない非常に小さな利幅を目標に、

連日物凄い回数の取引を実施して利益を取っていく、

非常に短期的な取り引き手法です。

 

スワップポイントに関しては、

金利の差額」だと思っていただければと思いますが、

現実的にいただくことができるスワップポイントは、

FX会社に払うことになる手数料を差し引いた額ということになります。

 






sponserdlink


 

スキャルピングという取引方法は、

相対的に予想しやすい中期から長期にかけての経済変動などは考慮せず、

確率5割の戦いを直観的に、

かつ可能な限り続けるというようなものだと考えます。

 

FXに纏わることを調べていきますと、

MT4(メタトレーダー4)という文言に出くわすことが多いです。

 

MT4と言いますのは、

使用料なしで使用することができるFXソフトのことで、

ハイレベルなチャート自動売買機能が搭載されている取引ツールのことを指します。

 

為替の動きを類推する時に役に立つのが…

為替の動きを類推する時に役に立つのが、

テクニカル分析とファンダメンタル分析ですが、

より大事だと考えられるのは「チャートの変遷を分析して、

これからの為替の動きを予想する」テクニカル分析だとお伝えしておきます。

 

売る時と買う時の価格に少々の差をつけるスプレッドは、

FX会社ばかりじゃなく銀行においても違う呼び名で設定されています。

 

しかも驚くかと思いますが、

その手数料がなんとFX会社の150~200倍というところがかなり見られます。

 

システムトレードの一番の優位点は、

全局面で感情が入り込まない点だと考えます。

 

裁量トレードを行なう時は、

必ずと言っていいほど自分の感情がトレードを進める中で入ることになると思います。

 

システムトレードというものについては、

そのソフトとそれを完璧に作動させるパソコンが高すぎたので、

昔は一定以上の余裕資金のある投資家限定で行なっていたのです。

 

MT4が秀逸だという理由の1つが、

チャート画面よりストレートに注文を入れることが可能だということです。

 

チャートを見ている時に、

そのチャートの上で右クリックすれば、

注文画面が開きます。

 



sponserdlink

投資をはじめる前に読む本


投資助言登録をしている会社が発行する、

FX取引や投資をする前に真っ先に読んでいただきたい本です。

トレードやる前の必読書! まずはこれを読みましょう。


sponserdlink