【口コミで決定】おすすめのFX教材ランキング


【1位】【JCB・AMEX分割用】秒速スキャルFX

【2位】ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝

【3位】サイン通りで10年無敗!Easy Scal FX -イージー・スキャルFX-

【4位】ネクストバイナリーアカデミー

【5位】Platinum Kubera FX


sponserdlink

利益をあげる為には…

スキャルピングとは、

数秒から数十秒という時間で少ない利益を確保していく超短期トレードのことで、

テクニカル指標とかチャートを頼りに実践するというものなのです。

 

FX 初心者 おすすめ

 

FX口座開設の申し込み手続きを終了して、

審査でOKが出れば「IDとPW」が郵便を使って送り届けられるというのが通例ではありますが、

一握りのFX会社はTELを介して「リスク確認」を行なうようです。

 

FX用語の1つでもあるポジションというのは、

手持ち資金として証拠金を投入して、

香港ドル/円などの通貨ペアを「売り買い」することを意味しています。

 

余談ですが、

外貨預金にはポジションという概念はありません。

 

FXにおける取り引きは、

「ポジションを建てる~決済する」の反復だと言えます。

 

それほどハードルが高くはないように感じるかもしれないですが、

ポジションを建てるタイミングもしくは決済をするタイミングは、

物凄く難しいという感想を持つでしょう。

 

テクニカル分析を実施するという時のやり方としては、

大きく括ると2種類あります。

 

チャートとして表示された内容を人が自分の…

チャートとして表示された内容を「人が自分の頭で分析する」というものと、

分析専用プログラムがオートマティックに分析する」というものになります。

 

売りと買いの両ポジションを同時に有すると、

円安・円高のいずれに振れたとしても利益をあげることが可能なわけですが、

リスク管理の点から申しますと、

2倍神経を遣う必要があると言えます。

 

MT4は世界で一番多く採用されているFX自動売買ツールだという理由もあって、

自動売買プログラムのタイプがいろいろ揃っているのも特徴の1つです。

 

為替の動きを予想する時に必ず実施されるのが、

ファンダメンタル分析テクニカル分析ですが、

より大事になってくるのは「チャートの変遷を分析して、

直近の為替変動を予想する」テクニカル分析の方で間違いないでしょう。

 






sponserdlink


 

スイングトレードにつきましては、

当日のトレンドが結果を決定づける短期売買とは全く異なり、

「ここ数日~数ヶ月相場がどのような動きを見せてきたか?」といった分析が大事になるトレード法なのです。

 

少ない金額の証拠金によって大きな「売り買い」が認められるレバレッジではありますが、

予想している通りに値が動けばそれ相応のリターンが齎されることになりますが、

反対に動いた場合はかなりの損失を出すことになるわけです。

 

一般的には、

本番のトレード環境とデモトレードの環境を比較してみると、

本番のトレード環境の方が「1回のトレードごとに1pipsくらい利益が少なくなる」と理解した方が正解でしょう。

 

FXに関しまして調査していくとMT4

FXに関しまして調査していくと、

MT4(メタトレーダー4)という単語に出くわします。

 

MT4というのは、

使用料なしにて使用できるFXソフトのことで、

様々に活用できるチャート自動売買機能が付随しているトレードツールのことなのです。

 

利益をあげる為には、

為替レートが注文を入れた時点でのものよりも有利な方に変動するまで待つ他ありません。

 

この状態を「ポジションを保有する」という言い方をするのです。

 

本サイトでは、

手数料だったりスプレッドなどを考慮した全コストでFX会社比較した一覧を確認することができます。

 

当然のことながら、

コストと申しますのは収益を圧迫することになりますから、

きちっとチェックすることが重要だと言えます。

 

FXに取り組みたいと言うなら、

何よりも先に行なってほしいのが、

FX会社比較して自分自身にピッタリ合うFX会社を見つけることです。

 

比較の為のチェック項目が10個前後あるので、

1項目ずつ説明させていただきます。

 



sponserdlink

投資をはじめる前に読む本


投資助言登録をしている会社が発行する、

FX取引や投資をする前に真っ先に読んでいただきたい本です。

トレードやる前の必読書! まずはこれを読みましょう。


sponserdlink