【口コミで決定】おすすめのFX教材ランキング


【1位】【JCB・AMEX分割用】秒速スキャルFX

【2位】ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝

【3位】サイン通りで10年無敗!Easy Scal FX -イージー・スキャルFX-

【4位】ネクストバイナリーアカデミー

【5位】Platinum Kubera FX


sponserdlink

このところのシステムトレードの内容をチェックしてみると…

MT4は世界各国で圧倒的に多くの人に採用されているFX自動売買ツールだということもあって、

自動売買プログラムのタイプが数えきれないくらいあるのも特徴だと思われます。

 

FX 自動売買ソフト

 

日本と比べると、

海外の銀行金利の方が高いということから、

スワップ金利が付与されるのです。

 

海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、

FXを行なう時に手にできるスワップ金利です。

 

スワップポイントと申しますのは、

ポジションを維持し続けた日数分受け取れます。

 

毎日決められた時間にポジションを維持した状態だと、

その時点でスワップポイントがプラスされるわけです。

 

テクニカル分析の手法という意味では、

大別すると2通りあります。

 

チャートとして表示された内容を「人間が分析する」というものと、

分析ソフトが勝手に分析する」というものになります。

 

スキャルピングと申しますのは1回あた…

スキャルピングと申しますのは、

1回あたり数銭から数十銭くらいという少ない利幅を追っ掛け、

日に何回も取引を敢行して利益を積み上げる、

れっきとした取引き手法ということになります。

 

MT4に関しては、

プレステもしくはファミコンのような器具と同じように、

本体にソフトを差し込むことによって、

ようやくFX取引ができるわけです。

 

5000米ドルを買って保持したままでいる状態のことを、

「5000米ドルの買いポジションを持っている!」と言います。

 

当然ですがドル高へと進んだ時には、

売り払って利益を確定させます。

 






sponserdlink


 

初回入金額と申しますのは、

FX口座開設が完了した後に入金することが要される最低必要金額のことです。

 

最低金額の設定をしていない会社もありますが、

10万円必要といった金額設定をしているところも少なくありません。

 

この先FXにチャレンジしようという人とか、

別のFX会社にしてみようかと検討中の人に役立てていただこうと、

国内にあるFX会社比較し、

それぞれの項目を評価しました。

 

是非ご覧になってみて下さい。

 

MT4の使い勝手がいいという理由のひとつ…

MT4の使い勝手がいいという理由のひとつが、

チャート画面上から簡単に発注できるということなのです。

 

チャートの動きをチェックしている最中に、

そのチャートを右クリックしたら、

注文画面が開くことになっているのです。

 

スイングトレードの強みは、

「いつもトレード画面から離れることなく、

為替レートを凝視する必要がない」というところだと思います。

 

サラリーマンやOLに相応しいトレード手法ではないでしょうか?

 

スイングトレードについては、

売買する当日のトレンドが結果を左右する短期売買とは異なり、

「現在まで相場がどういった動きをしてきたか?」といった分析が影響を及ぼすトレード方法だと思っています。

 

スプレッドと言われているのは、

取引をする際の「買値と売値の差額」のことになります。

 

このスプレッドこそがFX会社の収益であり、

FX会社次第で設定している数値が違うのです。

 

スプレッドと言いますのは、

FX会社により結構開きがあり、

FXトレードで利益を生み出すためには、

「買値と売値の価格差」が大きくない方が得すると言えますので、

このポイントを念頭においてFX会社を絞り込むことが肝要になってきます。

 

このところのシステムトレードの内容をチェックしてみると、

他のトレーダーが構想・作成した、

「キッチリと収益をあげている売買ロジック」を加味して自動売買が可能となっているものが多いようです。

 



sponserdlink

投資をはじめる前に読む本


投資助言登録をしている会社が発行する、

FX取引や投資をする前に真っ先に読んでいただきたい本です。

トレードやる前の必読書! まずはこれを読みましょう。


sponserdlink