【口コミで決定】おすすめのFX教材ランキング


【1位】【JCB・AMEX分割用】秒速スキャルFX

【2位】ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝

【3位】サイン通りで10年無敗!Easy Scal FX -イージー・スキャルFX-

【4位】ネクストバイナリーアカデミー

【5位】Platinum Kubera FX


sponserdlink

デモトレードをしても…

全く同じ1円の値幅でありましても、

レバレッジが1倍なら1万円の損益になりますが、

10倍の場合は10万円の損益なのです。

 

FX会社 デモトレード

 

言ってみれば「レバレッジが高倍率になるにつれリスクも高まる」わけです。

 

デモトレードと言われるのは、

仮想の通貨でトレードを実施することを言います。

 

1000万円というような、

ご自分で決めた仮想のお金が入ったデモ口座を開設することができ、

本番と一切変わらぬ状態でトレード練習ができます。

 

デモトレードを活用するのは、

主としてFX初心者の方だと考えることが多いようですが、

FXの経験者も頻繁にデモトレードを有効活用することがあると言います。

 

例えば新たに考えついたトレード法のトライアルをする際などです。

 

デモトレードをしても、

実際のお金で痛い目に遭うわけではないので、

メンタル的な経験を積むことが困難だ!」、

「汗水垂らして稼いだお金でトレードしてみて、

初めて経験を積むことができるわけだ!」と言われる方も多いです。

 

スワップというものは売りと買いの対象…

スワップというものは、

「売り」と「買い」の対象となる2国間の金利の違いにより手にできる利益のことを意味します。

 

金額にすれば小さなものですが、

ポジションを保有している間貰えますので、

かなり嬉しい利益だと考えています。

 

レバレッジに関しては、

FXを行なう上で必ずと言っていいほど使用されているシステムだと思いますが、

手持ち資金以上の取り引きが行なえますので、

僅かな証拠金で大きな儲けを出すことも期待できます。

 

実際のところは、

本番トレード環境とデモトレード環境を対比させますと、

本番のトレード環境の方が「1回のトレードあたり1pips程収益が減る」と認識した方が間違いありません。

 






sponserdlink


 

スワップポイントと申しますのは、

ポジションを継続した日数分もらうことができます。

 

毎日定められている時間にポジションを有したままだと、

そこでスワップポイントが貰えるのです。

 

FX会社は1社1社特徴があり、

強みがあったり弱点があったりするのが通例ですから、

初心者状態の人は、

「どの様なFX業者FX口座開設するのがベストなのか?」などと困惑すると思われます。

 

MT4というのは、

プレステであったりファミコンなどの機器と同様で、

本体にプログラムされたソフトを差し込むことで、

初めてFX取り引きをスタートすることができるのです。

 

FXに関しましてネットサーフィンしていく…

FXに関しましてネットサーフィンしていくと、

MT4という言葉に出くわします。

 

MT4と申しますのは、

フリーにて使うことが可能なFXソフトのネーミングで、

優れたチャート自動売買機能が搭載されているトレードツールです。

 

FXに取り組む場合の個人専用のレバレッジ倍率は、

従来までは最高が50倍でしたので、

「今の時代の最高25倍は低い方だ」と主張している人が見受けられるのも無理はありませんが、

25倍であっても十二分な収益をあげることが可能です。

 

デイトレードについては、

どの通貨ペアを選択するかも大切になります。

 

はっきり言って、

変動幅の大きい通貨ペアを取り扱わないと、

デイトレードで利益をあげることは無理だと断言できます。

 

売りポジションと買いポジションを同時に有すると、

為替がどっちに変動しても収益を手にすることが可能ですが、

リスク管理の面から申し上げますと、

2倍神経を注ぐことが求められます。

 

FXで使われるポジションと言いますのは、

手持ち資金として証拠金を口座に入れて、

スイスフラン/円などの通貨ペアを売買することを意味するのです。

 

余談ですが、

外貨預金にはポジションという考え方はありません。

 



sponserdlink

投資をはじめる前に読む本


投資助言登録をしている会社が発行する、

FX取引や投資をする前に真っ先に読んでいただきたい本です。

トレードやる前の必読書! まずはこれを読みましょう。


sponserdlink