【口コミで決定】おすすめのFX教材ランキング


【1位】【JCB・AMEX分割用】秒速スキャルFX

【2位】ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝

【3位】サイン通りで10年無敗!Easy Scal FX -イージー・スキャルFX-

【4位】ネクストバイナリーアカデミー

【5位】Platinum Kubera FX


sponserdlink

デモトレードを活用するのは…

デモトレードを活用するのは、

主にFX初心者の人だと思われることが多いですが、

FXの専門家と言われる人も頻繁にデモトレードをすることがあると聞かされました。

 

FX業者 安全

 

例えば新たに考えついたトレード法のトライアルをするケースなどです。

 

スイングトレードと言われているのは、

毎日毎日のトレンドに大きく影響される短期売買とは違い、

「それまで相場がどのような動きを見せてきたか?」といった分析が肝になるトレード方法だと言っていいでしょう。

 

同一種類の通貨のケースでも、

FX会社が変われば付与してもらえるスワップポイントは異なるものなのです。

 

比較サイトなどでしっかりと調べて、

できる限り高いポイントを提供してくれる会社を選択しましょう。

 

収益を得るためには、

為替レートが注文した時点のものよりも有利な方向に変化するまで待つことが不可欠です。

 

この状態を「ポジションを保有する」という言い方をします。

 

FXについては外貨を売るということか…

FXについては、

「外貨を売る」ということから取引をスタートすることも可能なわけですが、

このように外貨を有することなく「外貨を売却した状態」のことも、

「ポジションを持っている」と言うのです。

 

スワップポイントは、

金利の差額」だと説明可能ですが、

ほんとに手にすることができるスワップポイントは、

FX会社利益となる手数料を差っ引いた額ということになります。

 

テクニカル分析の方法としては、

大きく分けてふた通りあります。

 

チャートの形で描かれた内容を「人が自分の目を信じて分析する」というものと、

「パソコンがオートマチックに分析する」というものです。

 






sponserdlink


 

証拠金を基にして一定の通貨を購入し、

そのまま保持している状態のことを「ポジションを持つ」と言うのです。

 

その反対に、

維持している通貨を売ってしまうことを「ポジションの解消」と言うわけです。

 

スプレッドと言いますのは、

取引をする際の「買値と売値の差」のことです。

 

このスプレッドこそがFX会社を利用するためのコストであり、

FX会社によって表示している金額が異なるのが普通です。

 

日本と比較して海外の銀行金利の方が高…

日本と比較して、

海外の銀行金利の方が高いということから、

スワップ金利がもらえることになっています。

 

海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、

FXをすることで付与されることになるスワップ金利というわけです。

 

デモトレードをこれから始めるという段階では、

FXに不可欠な証拠金がデモ口座(仮想の口座)に、

数百万円という金額の仮想通貨として準備されます。

 

FX会社が獲得する利益はスプレッドを設定しているからなのですが、

例えて言えばスイスフランと日本円の売買の場合、

FX会社はお客さんに対して、

その外国通貨の購入時と売却時の為替レートを適用します。

 

MT4をPCにセッティングして、

ネットに繋げた状態でストップさせることなく稼働させておけば、

目を離している間も完全自動でFX取り引きをやってくれます。

 

レバレッジというのは、

預け入れた証拠金を元本として、

最高でその額の25倍の「売り買い」が可能であるという仕組みを言っています。

 

例を挙げますと、

50万円の証拠金で20倍のレバレッジをかけるとしますと、

1000万円もの「売り・買い」ができるわけです。

 

FX口座開設の申し込み手続きを踏み、

審査でOKが出れば「ログイン用のIDとPW」が郵便を使って送り届けられるというのが一般的ですが、

一部のFX会社はTELにて「必要事項確認」を行なっています。

 



sponserdlink

投資をはじめる前に読む本


投資助言登録をしている会社が発行する、

FX取引や投資をする前に真っ先に読んでいただきたい本です。

トレードやる前の必読書! まずはこれを読みましょう。


sponserdlink