【口コミで決定】おすすめのFX教材ランキング


【1位】【JCB・AMEX分割用】秒速スキャルFX

【2位】ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝

【3位】サイン通りで10年無敗!Easy Scal FX -イージー・スキャルFX-

【4位】ネクストバイナリーアカデミー

【5位】Platinum Kubera FX


sponserdlink

FX口座開設の申し込み手続きを済ませ…

FX初心者にとっては、

無理であろうと思えるテクニカル分析ではあるのですが、

チャートの根幹をなすパターンさえ押さえてしまえば、

値動きの予測が断然容易になります。

 

FX システムトレード

 

FXにおけるポジションと言いますのは、

所定の証拠金を送金して、

南アフリカ・ランド/円などの通貨ペアを売ったり買ったりすることを指すのです。

 

因みに、

外貨預金には「ポジション」というコンセプトは存在しません。

 

儲ける為には、

為替レートが新たに注文した際のレートよりも良い方向に変動するまで待つことが必要です。

 

この状態を「ポジションを保有する」と言うのです。

 

FXの取引は、

「ポジションを建てる~決済する」の繰り返しだと言うことができます。

 

簡単なことのように感じられるかもしれませんが、

ポジションを建てるタイミングまたは決済を行なうタイミングは、

とても難しいという感想を持つでしょう。

 

FX取引をする中で出てくるスワップと言わ…

FX取引をする中で出てくるスワップと言われているものは、

外貨預金でも貰える「金利」に近いものです。

 

とは言いましても完全に違う部分があり、

この「金利」については「受け取るだけじゃなく払うことが要される時もある」のです。

 

FXを行なう際に、

日本以外の通貨を日本円で買うと、

金利差に見合ったスワップポイントが貰えることになりますが、

高い金利の通貨で低い通貨を買うといったケースでは、

反対にスワップポイントを払わなければなりません。

 

FXに関することをサーチしていくと、

MT4(メタトレーダー4)というワードが目に付きます。

 






sponserdlink


 

MT4というのは、

無料にて利用できるFXソフトの名称で、

使い勝手の良いチャート自動売買機能が装備されている取引ツールのことを指すのです。

 

FX口座開設の申し込み手続きを済ませ、

審査にパスしたら「ログイン用のIDとパスワード」が送られてくるというのが通例ではありますが、

いくつかのFX会社はTELを介して「リスク確認」を行なっているようです。

 

スワップポイントというものは、

ポジションを保った日数分与えてくれます。

 

毎日既定の時間にポジションを保有した状態だと、

その時にスワップポイントが付与されることになります。

 

スプレッドと申しますのは外貨を売り買いす…

スプレッドと申しますのは外貨を「売り買い」する時の価格差のことで、

FX会社にとっては利益となる売買手数料とも解釈できるものですが、

FX会社それぞれが個別にスプレッド幅を決定しているのです。

 

システムトレードだとしても、

新たにポジションを持つという状況で、

証拠金余力が必要となる証拠金額を上回っていない場合は、

新たに「買い」を入れることはできない決まりです。

 

相場の変化も見えていない状態での短期取引ということになれば、

リスク管理も不可能です。

 

何と言っても、

それなりの知識とテクニックが要されますから、

いわゆる新参者にはスキャルピングは不向きです。

 

方向性がはっきりしやすい時間帯を見極め、

その波にとって売買をするというのがトレードを展開する上での最も大切な考え方です。

 

デイトレードは言うまでもなく、

「心を落ち着かせる」「得意とする相場パターンで売買する」というのは、

どのようなトレード方法を採用しようともすごく重要なポイントになります。

 

買いポジションと売りポジションの両方を一緒に保有すると、

円高になろうとも円安になろうとも利益を狙うことが可能だということですが、

リスク管理という部分では2倍心を配る必要が出てくるはずです。

 

スプレッドというのは、

FX会社各々バラバラで、

ご自身がFXで稼ぐためには、

買い値と売り値の価格差が小さい方が有利ですから、

この点を前提にFX会社を選定することが必要だと言えます。

 



sponserdlink

投資をはじめる前に読む本


投資助言登録をしている会社が発行する、

FX取引や投資をする前に真っ先に読んでいただきたい本です。

トレードやる前の必読書! まずはこれを読みましょう。


sponserdlink