【口コミで決定】おすすめのFX教材ランキング


【1位】【JCB・AMEX分割用】秒速スキャルFX

【2位】ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝

【3位】サイン通りで10年無敗!Easy Scal FX -イージー・スキャルFX-

【4位】ネクストバイナリーアカデミー

【5位】Platinum Kubera FX


sponserdlink

FXを始める前に…

こちらのHPでは、

手数料やスプレッドなどを加えた合算コストでFX会社比較した一覧表を見ることができます。

 

FX レバレッジ

 

当たり前ですが、

コストといわれるのは利益をダウンさせますので、

きちっとチェックすることが大切だと言えます。

 

テクニカル分析については、

基本としてローソク足を時間ごとに並べたチャートを用いることになります。

 

見た限りでは複雑そうですが、

慣れて読み取ることが可能になると、

これ程心強いものはありません。

 

FXでは、

「外貨を売る」ということから取引を開始することもできるのですが、

このように外貨を有することなく「外貨を売ったままの状態」のことも、

「ポジションを持っている」となるわけです。

 

テクニカル分析と言われるのは、

為替の変動をチャートで表わし、

更にはそのチャートを参考に、

その先の相場の動きを類推するという方法です。

 

これは、

売買するべきタイミングを理解する時に役に立ちます。

 

今ではどのFX会社も売買手数料が無し…

今では、

どのFX会社も売買手数料が無しということになっていますが、

他方でスプレッドがあり、

そのスプレッドというものが実質的なFX会社の収益になるのです。

 

FX取引の場合は、

「てこ」と同じように少額の証拠金で、

その額の数倍という取り引きが認められており、

証拠金と実際の取り引き金額の倍率を「レバレッジ」と呼んでいるのです。

 

デイトレードと言いましても、

「連日トレードを行なって収益を手にしよう」などという考え方はお勧めできません。

 

無理矢理投資をして、

結局資金をなくしてしまっては後悔してもし切れません。

 






sponserdlink


 

レバレッジがあるので、

証拠金が少額だとしましてもその何倍という「売り買い」ができ、

かなりの収入も目指せますが、

反対にリスクも高くなるのが常ですから、

よく考えてレバレッジ設定するようにしましょう。

 

買い値と売り値に一定の差を設けるスプレッドは、

FX会社ばかりじゃなく銀行においても別称で導入しているのです。

 

しかも驚くかと思いますが、

その手数料たるやFX会社の約200倍というところが相当見受けられます。

 

FX取引において、

一番人気の高い取引スタイルだと思われるのが「デイトレード」なのです。

 

日毎手にできる利益をちゃんとものにすると…

日毎手にできる利益をちゃんとものにするというのが、

この取引スタイルだと言えます。

 

MT4で動く自動トレードプログラム(EA)の開発者はいろんな国に存在しており、

現在のEAの運用状況やユーザーの評価などを考慮しつつ、

更に実効性の高い自動売買ソフトを提供しようと競い合っています。

 

FXを始める前に、

一先ずFX口座開設をやってしまおうと思うのだけど、

「どのようにすれば開設ができるのか?」、

「何を重要視してFX業者を選ぶべきか?」などと悩んでしまう人は多くいます。

 

証拠金を拠出してある通貨を購入し、

そのまま所有し続けていることを「ポジションを持つ」と言っています。

 

それとは逆パターンで、

保有している通貨を売ることを「ポジションの解消」と言うのです。

 

同一の通貨であろうとも、

FX会社毎で付与されることになるスワップポイントは異なるのが通例です。

 

ネットなどできちんと確認して、

できるだけ高いポイントを付与してくれる会社を選定しましょう。

 

MT4をPCに設置して、

オンラインで24時間稼働させておけば、

寝ている時も自動的にFX取引をやってくれるわけです。

 



sponserdlink

投資をはじめる前に読む本


投資助言登録をしている会社が発行する、

FX取引や投資をする前に真っ先に読んでいただきたい本です。

トレードやる前の必読書! まずはこれを読みましょう。


sponserdlink