【口コミで決定】おすすめのFX教材ランキング


【1位】【JCB・AMEX分割用】秒速スキャルFX

【2位】ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝

【3位】サイン通りで10年無敗!Easy Scal FX -イージー・スキャルFX-

【4位】ネクストバイナリーアカデミー

【5位】Platinum Kubera FX


sponserdlink

トレードの考え方として…

スキャルピングトレード方法は、

どっちかと言えば予見しやすい中長期に及ぶ世の中の動きなどは度外視し、

確率2分の1の勝負を直感的に、

かつひたすら繰り返すというようなものだと思っています。

 

FX 円 ドル 為替市場 スワップポイント

 

スプレッドと言われるのは外貨を売る時と買う時の価格差のことで、

FX会社の収益となる売買手数料とも捉えられるものですが、

各社の方針に従って個別にスプレッド幅を設けているわけです。

 

テクニカル分析と称されるのは、

為替の変化をチャートという形式で記録して、

更にはそのチャートを踏まえて、

その先の為替の値動きを類推するという手法なのです。

 

これは、

売買すべき時期を把握する際に有効なわけです。

 

システムトレードにおいては、

EA(自動売買プログラム)の設定によってテクニカルポイントが巡ってきた時に、

システムが強制的に売買をしてくれるというわけです。

 

とは言いましても、

自動売買プログラムについては利用者本人がセレクトすることになります。

 

デイトレードと申しますのは取引開始か…

デイトレードと申しますのは、

取引開始から24時間ポジションを継続するというトレードを言うのではなく、

現実的にはニューヨークのマーケットが手仕舞いする前に決済を完了させてしまうというトレードのことです。

 

申し込み自体は業者の公式ウェブサイトのFX口座開設ページを利用したら、

20分位で完了できます。

 

申し込みフォームに入力後に、

必要書類をメールなどを利用して送付し審査結果を待ちます。

 






sponserdlink


 

FXに取り組むつもりなら、

差し当たり実施してほしいのが、

FX会社比較して自分自身に適合するFX会社を探し出すことだと思います。

 

賢く比較する際のチェック項目が10項目くらいございますので、

ひとつひとつ説明いたします。

 

FXをやる時は、

「外貨を売る」ということから取引に入ることも可能ですが、

このように外貨を保有することなく「外貨を売りっ放しの状態」のことも、

「ポジションを持っている」と言うのです。

 

FX口座開設の申し込みを完了し審査で…

FX口座開設の申し込みを完了し、

審査でOKとなったら「ログインIDとパスワード」が郵送にて送られてくるというのが一般的ですが、

ごく一部のFX会社はTELで「内容確認」を行ないます。

 

スイングトレードに関しては、

売買をする当日のトレンドに左右される短期売買とは異なり、

「ここまで相場がどのような動きを見せてきたか?」といった分析が大きく影響するトレード方法です。

 

スプレッドと言いますのは、

FX会社により結構開きがあり、

トレーダーがFXで儲けるためには、

買いと売りの為替レートの差が僅少であればあるほどお得ですから、

その点を押さえてFX会社を1つに絞ることが大切だと言えます。

 

為替の動きを予想する為に必要なのが、

テクニカル分析とファンダメンタル分析ですが、

より重要だとされているのは「チャートを検証して、

今後の為替の進捗を予測する」テクニカル分析の方で間違いないでしょう。

 

トレードの考え方として、

「値が上下どっちかの方向に動く一定の時間内に、

少なくてもいいから利益を何が何でも得よう」というのがスキャルピングになります。

 

スワップポイントに関しては、

金利の差額」だと言われていますが、

現実に頂けるスワップポイントは、

FX会社の儲けとなる手数料を減算した金額だと思ってください。

 

僅かな金額の証拠金で大きな「売り・買い」が許されるレバレッジですが、

予測している通りに値が変化すれば大きな利益を得ることができますが、

その通りに行かなかった場合は一定のマイナスを出すことになるわけです。

 



sponserdlink

投資をはじめる前に読む本


投資助言登録をしている会社が発行する、

FX取引や投資をする前に真っ先に読んでいただきたい本です。

トレードやる前の必読書! まずはこれを読みましょう。


sponserdlink