【口コミで決定】おすすめのFX教材ランキング


【1位】【JCB・AMEX分割用】秒速スキャルFX

【2位】ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝

【3位】サイン通りで10年無敗!Easy Scal FX -イージー・スキャルFX-

【4位】ネクストバイナリーアカデミー

【5位】Platinum Kubera FX


sponserdlink

そこまで高額ではない証拠金の入金で大きな売り買いが認められるレバレッジですが…

FXの最大のアピールポイントはレバレッジだと言えますが、

完璧に腑に落ちた状態でレバレッジを掛けるようにしませんと、

正直言ってリスクを大きくするだけだと明言します。

 

FX システムトレード

 

システムトレードにおいては、

EA(自動売買プログラム)の設定どおりにテクニカルポイントが来た時に、

システムが着実に売買をしてくれるのです。

 

そうは言いましても、

自動売買プログラムについてはトレーダー自身が選ぶわけです。

 

日本より海外の銀行の金利が高いということがあって、

スワップ金利がもらえることになっています。

 

海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差が、

FXをする際に手にするスワップ金利なのです。

 

スキャルピングと呼ばれているのは、

1回のトレードで1円にもならないごく僅かな利幅を追い掛け、

毎日繰り返し取引を行なって利益を積み増す、

恐ろしく短期の取引き手法ということになります。

 

スワップポイントにつきましては、

ポジションを維持した日数分もらうことが可能です。

 

日々特定の時間にポジションを保有したまま…

日々特定の時間にポジションを保有したままだと、

その時間にスワップポイントがプラスされます。

 

為替の動きを予想する時に必ず実施されるのが、

ファンダメンタル分析テクニカル分析ですが、

より大事なのは「チャートを検証して、

将来的な為替の動きを類推する」テクニカル分析だと言えるでしょう。

 

「仕事柄、

日中にチャートを目にすることは困難だろう」、

「為替に影響する経済指標などを即座に確かめられない」と考えられている方でも、

スイングトレードだったら全然心配無用です。

 






sponserdlink


 

5000米ドルを購入して保持している状態のことを、

「5000米ドルの買いポジションを持っている」というふうに言います。

 

もちろんドル高になった場合、

即行で売却して利益を手にします。

 

FXにおきましては、

「外貨を売る」ということから取引に入ることもよくあるのですが、

このように外貨を保持せずに「外貨を売っている状態」のことも、

「ポジションを持っている」と言います。

 

そこまで高額ではない証拠金の入金で大きな「売り買い」が認められるレバレッジですが、

考えている通りに値が変化すればそれに準じたリターンが齎されることになりますが、

その通りにならなかった場合はある程度の被害を食らうことになります。

 

チャートの動きを分析して売買時期の決…

チャートの動きを分析して、

売買時期の決断を下すことをテクニカル分析と呼びますが、

この分析さえできれば、

買う時期と売る時期も自然とわかってくるはずです。

 

収益を得る為には、

為替レートが新規に注文した際のものよりも有利な方向に変化するまで何も手出しができません。

 

この状態を「ポジションを保有する」と言うわけです。

 

レバレッジにつきましては、

FXをやっていく中でいつも使用されるシステムということになりますが、

注ぎ込める資金以上の「売り・買い」ができるということで、

少々の証拠金でガッポリ儲けることも望むことができます。

 

スワップポイントと申しますのは、

金利の差額」だと思っていただいていいですが、

最終的にいただくことができるスワップポイントは、

FX会社の収益とも言える手数料を減算した額だと思ってください。

 

全く同じ1円の値動きだとしましても、

レバレッジ1倍の場合は1万円の損益になるというわけですが、

10倍でしたら10万円の損益なのです。

 

簡単に言うならば「レバレッジで高リターンを狙えば狙うほど損失が出る危険性も高まる」と言えるわけです。

 



sponserdlink

投資をはじめる前に読む本


投資助言登録をしている会社が発行する、

FX取引や投資をする前に真っ先に読んでいただきたい本です。

トレードやる前の必読書! まずはこれを読みましょう。


sponserdlink