【口コミで決定】おすすめのFX教材ランキング


【1位】【JCB・AMEX分割用】秒速スキャルFX

【2位】ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝

【3位】サイン通りで10年無敗!Easy Scal FX -イージー・スキャルFX-

【4位】ネクストバイナリーアカデミー

【5位】Platinum Kubera FX


sponserdlink

MT4は今の世の中で一番多くの人に駆使されているFX自動売買ツールだという実情もあり…

FX会社が用意しているサービスの中身を調査する時間が滅多に取れない」と言われる方も大勢いることと思います。

 

FX 稼げる

 

そうした方のお役に立つようにと考えて、

それぞれのサービスの中身でFX会社比較し、

ランキングの形でご紹介しております。

 

初回入金額というのは、

FX口座開設が済んだ後に入金すべき最低必要金額のことを指します。

 

最低必要金額の指定がない会社も存在しますし、

最低100000円というような金額設定をしている会社も多々あります。

 

FXに関しては、

「外貨を売る」ということから取引を始めることも普通にありますが、

このように外貨を所有することなく「外貨を売ったままの状態」のことも、

「ポジションを持っている」と言われます。

 

スプレッドとは外貨の売買価格の差のことで、

FX会社にとっては儲けとなる売買手数料の様なものですが、

各社ごとに個別にスプレッド幅を設けています。

 

デモトレードをするのは、

主にFX初心者の人だと考えることが多いようですが、

FXのプロと言われる人もしばしばデモトレードを有効利用することがあります。

 

例えば新しく考案したトレード法のトライアルをする時などです。

 

このページでは手数料やスプレッドなど…

このページでは、

手数料やスプレッドなどをプラスしたトータルコストにてFX会社比較した一覧表を見ることができます。

 

当たり前ですが、

コストというのは収益を圧迫しますから、

念入りに確認することが求められます。

 

全く同じ1円の値動きだとしても、

レバレッジが1倍の場合は1万円の損益になるわけですが、

10倍でしたら10万円の損益なのです。

 

一言でいうと「レバレッジが高ければ高いほど損失が齎される可能性も高まる」ということなのです。

 

証拠金を保証金としてどこかの国の通貨を購入し、

そのまま維持し続けていることを「ポジションを持つ」というふうに言います。

 






sponserdlink


 

一方、

保有している通貨を売却して手放すことを「ポジションの解消」と言うわけです。

 

デモトレードにトライしてみて利益を生み出すことができた」としたところで、

現実のリアルトレードで儲けを生み出すことができるという保証は全くありません。

 

デモトレードというのは、

やっぱり遊び感覚になることがほとんどです。

 

日本の銀行と比較して、

海外の銀行の金利が高いということが理由で、

スワップ金利が与えられるのです。

 

海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の…

海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差が、

FXをすることで付与されることになるスワップ金利です。

 

テクニカル分析実施法としては、

大別すると2種類あります。

 

チャートの形で記された内容を「人間が分析する」というものと、

「PCが独自に分析する」というものになります。

 

MT4は今の世の中で一番多くの人に駆使されているFX自動売買ツールだという実情もあり、

自動売買プログラムの種類がたくさんあるのも特徴だと言えます。

 

システムトレードにおいては、

自動売買プログラムの設定によりテクニカルポイントがやって来た時に、

システムが確実に売買を完結してくれるのです。

 

とは言え、

自動売買プログラムそのものは使用者本人がチョイスします。

 

FX会社は1社1社特色があり、

メリットデメリットもあるのが通例ですから、

経験の浅い人は、

「いずれのFX業者FX口座開設した方が賢明か?」などと頭を抱えてしまうことでしょう。

 

まったく一緒の通貨でありましても、

FX会社毎に与えられるスワップポイントは違ってきます。

 

ネットなどで丁寧に確認して、

できる限り高いポイントを提供してくれる会社を選択しましょう。

 



sponserdlink

投資をはじめる前に読む本


投資助言登録をしている会社が発行する、

FX取引や投資をする前に真っ先に読んでいただきたい本です。

トレードやる前の必読書! まずはこれを読みましょう。


sponserdlink