【口コミで決定】おすすめのFX教材ランキング


【1位】【JCB・AMEX分割用】秒速スキャルFX

【2位】ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝

【3位】サイン通りで10年無敗!Easy Scal FX -イージー・スキャルFX-

【4位】ネクストバイナリーアカデミー

【5位】Platinum Kubera FX


sponserdlink

チャートの時系列的値動きを分析して…

5000米ドルを購入して持ち続けている状態のことを、

「5000米ドルの買いポジションを持っている!」というふうに言います。

 

FX トレード 為替 テクニック 初心者

 

当然ですがドル高に振れた時には、

売り払って利益を確定させた方が賢明です。

 

証拠金を納入してある通貨を購入し、

そのまま所有し続けていることを「ポジションを持つ」と言っています。

 

反対に、

所有している通貨を売却することを「ポジションの解消」と言っています。

 

デイトレードと言われるものは、

スキャルピングの売りと買いの時間的な間隔を幾分長くしたもので、

実際的には1~2時間から1日以内に売買を終えてしまうトレードだと指摘されています。

 

売り買いする時の金額に少しばかりの差を設定するスプレッドは、

FX会社ばかりか銀行においても違う名称で存在しているのです。

 

しかも驚くでしょうが、

その手数料というのがFX会社の180~200倍というところがかなり目に付きます。

 

1日の内で、

為替が大幅に変わるチャンスを狙って取引するのがデイトレードというわけです。

 

スワップ収入を目論むのではなく1日の…

スワップ収入を目論むのではなく、

1日の中で何回かトレードを実施して、

堅実に収益を出すというトレード方法だと言われます。

 

FXで儲けを手にしたいなら、

FX会社比較検討して、

その上で自分自身にマッチする会社を決めることが求められます。

 

このFX会社比較する場面で外せないポイントなどをご説明したいと考えています。

 

FXで言うところのポジションと申しますのは、

必要最低限の証拠金を口座に入金して、

スイスフラン/円などの通貨ペアを買ったり売ったりすることを言うわけです。

 






sponserdlink


 

ついでに言いますと、

外貨預金には「ポジション」という概念は存在していません。

 

大体のFX会社が仮想通貨を使用してのトレード体験(デモトレード)環境を一般公開しております。

 

現実のお金を使わずにトレード練習(デモトレード)ができるので、

進んで試していただきたいです。

 

チャートの時系列的値動きを分析して、

いつ売買すべきかを判断することをテクニカル分析と称するのですが、

このテクニカル分析さえできるようになったら、

買うタイミングと売るタイミングも理解できるようになること請け合いです。

 

スキャルピングの行ない方は諸々ありますが…

スキャルピングの行ない方は諸々ありますが、

いずれにせよファンダメンタルズ関連については置いといて、

テクニカル指標のみを活用しているのです。

 

FXに取り組む際に、

海外の通貨を日本円で買うと、

金利差に該当するスワップポイントを獲得することができますが、

金利が高く設定されている通貨で低い通貨を買う時は、

逆にスワップポイントを払わなければなりません。

 

スプレッド(≒手数料)は、

株式といった金融商品と比較しましても、

飛んでもなく安いことがわかります。

 

正直言って、

株式投資だと100万円以上の売買をすると、

1000円程度は売買手数料を払うのが普通です。

 

デイトレードとは、

1日ポジションを継続するというトレードを意味するというわけではなく、

本当のところはNY市場がその日の取引を終える前に決済をするというトレードのことを言います。

 

トレードの考え方として、

「為替が上下いずれか一方向に振れる最小時間内に、

大きな額でなくてもいいから利益をきちんと得よう」というのがスキャルピングというトレード法なのです。

 

FX会社比較する場合に確認しなければいけないのは、

取引条件です。

 

FX会社それぞれで「スワップ金利」等々が違っているわけですから、

自分自身の取引方法にマッチするFX会社を、

十分に比較した上で絞り込んでください。

 



sponserdlink

投資をはじめる前に読む本


投資助言登録をしている会社が発行する、

FX取引や投資をする前に真っ先に読んでいただきたい本です。

トレードやる前の必読書! まずはこれを読みましょう。


sponserdlink