【口コミで決定】おすすめのFX教材ランキング


【1位】【JCB・AMEX分割用】秒速スキャルFX

【2位】ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝

【3位】サイン通りで10年無敗!Easy Scal FX -イージー・スキャルFX-

【4位】ネクストバイナリーアカデミー

【5位】Platinum Kubera FX


sponserdlink

システムトレードでも…

スイングトレードというのは、

トレードする当日のトレンドに大きく影響される短期売買とは異なり、

「ここまで為替がどのような動きを見せてきたか?」といった分析が影響を及ぼすトレード法だと考えます。

 

FX 安全

 

システムトレードというものは、

株式やFXにおける自動売買取引のことであり、

スタート前に決まりを設定しておいて、

それに則って強制的に売買を繰り返すという取引です。

 

システムトレードでも、

新たに「売り・買い」を入れる際に、

証拠金余力が必要となる証拠金の額を下回っていると、

新規にポジションを持つことは認められないことになっています。

 

レバレッジ制度があるので、

証拠金が僅かでも最高で25倍という売買ができ、

夢のような収益も想定できますが、

反対にリスクも高くなるのが常ですから、

慎重になってレバレッジ設定するようにしてください。

 

FX取り引きは、

「ポジションを建てる⇒決済する」の反復だと言えます。

 

それほどハードルが高くはないように思われるかもしれませんが、

ポジションを建てるタイミングや決済を断行するタイミングは、

とっても難しいと感じるはずです。

 

レバレッジと申しますのは、

入金した証拠金を資金として、

最大その証拠金の25倍の売買が認められるという仕組みを指します。

 

例を挙げますと、

50万円の証拠金で20倍のレバレッジをかけますと、

1000万円相当の売買ができてしまうのです。

 

5000米ドルを買って保有したままになっ…

5000米ドルを買って保有したままになっている状態のことを、

「5000米ドルの買いポジションを持っている!」と言います。

 

無論のことドル高に振れたら、

即売り決済をして利益を手にします。

 

全く同じ1円の値動きだとしましても、

レバレッジ1倍の時は1万円の損益なのですが、

10倍なら10万円の損益になるというわけです。

 

詰まるところ「レバレッジが高い倍率になればなるほどリスクも高まってしまう」と言えるわけです。

 






sponserdlink


 

テクニカル分析と申しますのは、

相場の時系列的な動きをチャートで示し、

更にはそのチャート分析することで、

将来的な値動きを読み解くというものです。

 

このテクニカル分析は、

取引する好機を探る際に有益です。

 

スイングトレードで収益を出すにはそれなりの売買の仕方があるのですが、

当然のことスイングトレードの基本を修得していることが前提条件です。

 

何よりも先にスイングトレードの基本を学ぶ必要があります。

 

スワップポイントに関しましてはポジシ…

スワップポイントに関しましては、

ポジションを維持した日数分付与してもらえます。

 

日々決められている時間にポジションを維持した状態だと、

その時にスワップポイントがプラスされます。

 

スワップポイントについては、

金利の差額」であると言えますが、

現実に手にできるスワップポイントは、

FX会社に支払うことになる手数料をマイナスした額だと考えてください。

 

売り買いする時の金額に一定差をつけるスプレッドは、

FX会社は言うまでもなく銀行においても別の名目で導入しています。

 

しかもとんでもないことに、

その手数料がなんとFX会社の190~200倍というところがかなり見られます。

 

スワップとは、

売買の対象となる2つの通貨の金利差から得ることが可能な利益のことです。

 

金額から見たらわずかなものですが、

日に1回付与されるようになっているので、

すごくありがたい利益だと言えるでしょう。

 

テクニカル分析のやり方としては、

大きく分けてふた通りあると言えます。

 

チャートの形で描かれた内容を「人が見た目で分析する」というものと、

「パソコンがひとりでに分析する」というものです。

 



sponserdlink

投資をはじめる前に読む本


投資助言登録をしている会社が発行する、

FX取引や投資をする前に真っ先に読んでいただきたい本です。

トレードやる前の必読書! まずはこれを読みましょう。


sponserdlink