【口コミで決定】おすすめのFX教材ランキング


【1位】【JCB・AMEX分割用】秒速スキャルFX

【2位】ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝

【3位】サイン通りで10年無敗!Easy Scal FX -イージー・スキャルFX-

【4位】ネクストバイナリーアカデミー

【5位】Platinum Kubera FX


sponserdlink

驚くことに1円の変動であっても…

スキャルピングとは、

数秒~数分で少ない利益を手にしていく超短期トレードのことで、

チャートあるいはテクニカル指標を参考にして売り買いをするというものです。

 

FX会社 選び方

 

デモトレードを有効活用するのは、

99パーセントFXが初めての人だと考えることが多いようですが、

FXのスペシャリストと言われる人も積極的にデモトレードを有効利用することがあると言います。

 

例えば新たに考えたトレード法のテストをする際などです。

 

FXの取引は、

「ポジションを建てる&決済する」の反復です。

 

非常に単純な作業のように感じられるでしょうが、

ポジションを建てるタイミングだったり決済するタイミングは、

極めて難しいと思うでしょうね。

 

スキャルピングに取り組むつもりなら、

わずかな値幅でも着実に利益に繋げるというメンタリティが必要となります。

 

「まだまだ上がる等という思いは排すること」、

「欲は排除すること」がポイントです。

 

デイトレードの優れた点と申しますと、

翌日まで保持することなく例外なく全ポジションを決済しますから、

不安を抱えて眠る必要がないということだと思われます。

 

デモトレードをいくらやろうとも実際に…

デモトレードをいくらやろうとも、

実際にお金がかかっていないので、

メンタル的な経験を積むことが不可能だ!」、

「本物のお金でトレードしてこそ、

初めて経験を積むことが可能なのだ!」という声も多いです。

 

FXに関する個人に許されているレバレッジ倍率は、

前は最高が50倍だったことを思えば、

「現時点での最高25倍は見劣りしてしまう」と言う人がいるのも当たり前と言えば当たり前ですが、

25倍だと言えども満足できる収益はあげられます。

 

MT4というものは、

ロシアの企業が開発したFXのトレーディングツールになります。

 

フリーにて利用でき、

プラス超絶性能ということから、

近頃FXトレーダーからの関心度も非常に高いと言われています。

 






sponserdlink


 

日本と比べて、

海外の銀行の金利が高いということから、

スワップ金利がもらえるわけです。

 

海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差が、

FXを行なうことで貰うことができるスワップ金利というわけです。

 

驚くことに1円の変動であっても、

レバレッジ1倍の時は1万円の損益になるというわけですが、

10倍でしたら10万円の損益になるというわけです。

 

簡単に言うと「レバレッジで高リターンを狙えば狙うほどリスクも高まってしまう」ということなのです。

 

レバレッジのお陰で証拠金が僅かでもそ…

レバレッジのお陰で、

証拠金が僅かでもその何倍という「売り・買い」を行なうことが可能で、

大きな収益も望めますが、

同時にリスクも高くなるはずですので、

無謀なことはしないでレバレッジ設定すべきです。

 

テクニカル分析におきましては、

だいたいローソク足で描写したチャートを用います。

 

初心者からすれば難解そうですが、

頑張って読み取ることが可能になると、

非常に有益なものになります。

 

買う時と売る時の価格にいくらかの差を設定するスプレッドは、

FX会社は勿論銀行でも別の名前で取り入れています。

 

しかも信じられないことに、

その手数料たるやFX会社のおおよそ200倍というところが稀ではないという現状です。

 

テクニカル分析と称されるのは、

相場の時系列的な動きをチャートで表わし、

更にはそのチャートを解析することで、

極近い将来の値動きを予測するという分析法になります。

 

これは、

売買するべきタイミングを理解する時に有効なわけです。

 

「毎日毎日チャートを確かめるなんて困難だ」、

「為替に影響を及ぼす経済指標などを適時適切に見ることができない」とおっしゃる方でも、

スイングトレードなら全く心配する必要はありません。

 



sponserdlink

投資をはじめる前に読む本


投資助言登録をしている会社が発行する、

FX取引や投資をする前に真っ先に読んでいただきたい本です。

トレードやる前の必読書! まずはこれを読みましょう。


sponserdlink